365日、便秘薬とかダメですよ!

医者が飲まない薬、受けない手術

今日買った雑誌に
興味深い記事がありました。

ishaganomanai.JPG

⬆︎ ⬆︎

医者が飲まない薬、
受けない手術
(宝島社/知りたい!得する!ふくろうBOOKS/499円)

すごく興味深い内容でした!

中でも
「日常的な不調の薬」という
カテゴリーの

これ!!

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

benpiNG.JPG

市販薬、処方薬を問わず
大腸刺激性の便秘薬は常用NG
下痢どめも根本治療には無意味

消化器系のエキスパートでもある
大竹真一先生は、

「市販の便秘薬の多くは
大腸刺激性でセンナやアロエ
といった成分が含まれています。
漢方の場合は大黄が入っています。

医者が出す薬でいえば
プルゼニドや
アローゼンなども
これらと同じように、
腸を無理矢理刺激して
便を出す薬剤です。」

無理矢理刺激、、、、

どういうことかと
申しますと!

普通は蠕動運動
おこして便をだすんですよね。

そうじゃなく、

痙攣のようなこと

をおこさせて出すんですよ^^

けいれん、、

痛そうです!

いえ、実際ほんと
痛いです!

便秘薬を常用していたわたしは
いまもあの痛さを
思い出しただけで
身の毛もよだつほどです(笑)

平日に飲んでしまって
電車に乗っていたときに
いきなり襲うあの激痛
途中下車も何度か(笑)

冷や汗の感覚まで
思い出してしまって
いまこれを書きながら
汗が出てます。

そしてなんと、

大竹先生によると

「これらの薬は週一回程度
服用でしたらさほど
影響はありませんが

毎日使うようになると、
超周辺の神経に作用して次第に
腸の働きが悪くなっていきます。
薬だけでなく、アロエ入りの
サプリメントやセンナ茶などの
健康食品にも注意が必要です」

とありました。

アロエ入りの健康ジュース
めっちゃ飲んでました、私。(汗)

20代の頃、販売してました、、、

が〜〜〜ん。
ごめんなさい。

大竹先生がおすすめしているのは
酸化マグネシウムです。

おだやかに便に水分を
引き込んで柔らかくするというもの。

安いし、病院で処方してくれますね。

これは妊娠中にも処方されます。

わたしも酷い妊娠中の
便秘でマグミットとかいう
薬を出していただいてました。

・・・・・が、、、

それでも出なかったんですけどねー
出すチカラもない。

結局、妊娠中も軽いコーラック
のようなのを出されました。

超!

超!

超!

妊娠中の便秘は辛いです。

妊娠前の独身の方がいたら
ぜひ、便秘を改善しておくことを
おすすめします。

食事=繊維たっぷりの野菜も多く取る

運動=全身の筋肉もそうですが
   腹筋が弱いと大腸が下がってくる
   ので腹筋を鍛える

腸内細菌サプリメントや
お漬物、発酵食品を摂るなど。

それでもダメなら
するっぴん♡コーヒーエネマ

腸内細菌を良い状態に
しておくと
胎児にも良いですし
ぜひ大腸スッキリしましょうね。

The following two tabs change content below.
伊藤ひさ子

伊藤ひさ子

コーラックでも効かないガンコな便秘のお悩み解消! たったの20分で2kg減量体験あり。喘息、花粉症、偏頭痛を美腸で解消して18年の美腸リズムマスター伊藤ひさ子です。

体験会はこちら